作業効率化!仮想デスクトップはこれ~ランキング

top > 仮想デスクトップのコラム > 仮想デスクトップのシステムの導入のポイントを確認します!

仮想デスクトップのシステムの導入のポイントを確認します!

 仮想デスクトップのビジネスでの導入では、コスト面やビジネスのシンプル化という面でもメリットがありますが、それだけではなく、その他のメリットも長期的に考えて導入する必要があります。物理的なパソコンの代りを仮想空間のインターネット上に置くだけということでは、本来の仮想デスクトップの効果を十二分に引き出すということにはなりません。長期的に見てコストだけではなく、自社のビジネスにどんなメリットがあるのかを客観的によく吟味する必要があります。例えばモバイルなどの活用やリモートアクセス、データの安全対策、ビジネスの集約化、仮想パソコンの適切な運用などいろいろなメリットを活かせますし、自社のビジネスの足りない部分を補うこともできます。また戦略的に将来の自社のビジネスの美上の構築にも役立てることもできます。

 自社のビジネスの可能性を広げることもできるのが仮想デスクトップの魅力のひとつでもあります。コスト面の比較での注意点と相手は、単に物理的なパソコンなどの設備や人件費などのコストと比べると、効果を見誤る場合があります。ビジネスでは、全て数字で置き換えることはできません。自社のビジネスに長期的に貢献するかどうかなどの視点も必要です。初期投資としてコストがかかるという場合もあります。ビジネスを発展させていくうえで仮想デスクトップのシステムを導入することが、どんなメリットがあるのかをコスト面だけではなく吟味していくことも必要です。常に経済環境や社会環境は変化し、その流れも変わりますが、それを乗り切るのにコストだけを考えるということだけでは乗り越えることができません。将来の可能性や予測なども含めての活用が必要になります。

 また仮想デスクトップでは、全てが完璧にすぐに仮想化できるという内容の誤解もあります。当然ながら今の自社のインターネット環境やシステムなどの状況を、全てすぐに仮想化できるというものでもありません。自社のどの部分を仮想化するのかや、どう段階的に仮想化するのか、メリットの一番大きな部分は何処なのかなど、それぞれの会社で事情は異なります。仮想デスクトップのシステムを導入する場合、自社にとって一番良い導入方法はどうすることなのかを考えたり、吟味したり、業者と話し合って判断したりすることも必要です。挿入方式もいろいろあり、メリットやデメリットがあるので、導入の成果の希望などをできるだけ具体的に可視化したりできるようにしておくと、導入に必要な条件も明確になり、期待に反した導入にならなくてすみます。その点も注意が必要です。

次の記事へ

カテゴリー